お知らせ

飛騨高山産のほうれん草を練り込んだ蒟蒻を開発して障害者雇用支援

ほうれん草こんにゃくそうめん飛騨高山産のほうれん草を練り込んだ蒟蒻を開発して障害者雇用支援
プロデュースさせていただいたプロジェクトで支援募集を開始します。
募集サイトはこちらから
https://readyfor.jp/projects/kanemitsu-shokuhin

愛知県春日井市に本社を置く、こんにゃく製品製造会社の「カネミツ食品」さんが、

「飛騨高山産のほうれん草を練り込んだ蒟蒻を開発して障害者雇用支援」のプロジェクトへの支援を呼び掛けています。
募集サイトはこちらから

年始から練りに練ったプロジェクトでしたが、ようやく支援募集への運びとなりました。
支援サイトは、クラウドファンディングのレディーフォーさんを利用させていただきます。

レディーフォーさんは、カンブリア宮殿でも紹介されていたのをたまたま私が見たので、カネミツ食品さんに、ご提案させていただきました。

私は、企画とライティングを代行しましたが、もちろんブランディングを意識した、強みの引き出しやオンリーワン商品の特徴を出せるようにしました。
おどろいたのは、飛騨高山のほうれん草がブランド品であったことです。
普通ほうれん草は、夏では気温が高すぎて葉がしおれてしまいます。しかし、高山では夏でも涼しく品質の良いほうれん草が収穫できるというとのことです。

このほうれん草の良い葉、ダメな葉を調整する作業があります。
この作業を 障がい者を支援する団体カトレアさんに依頼するということで、このプロジェクトが成立すると、障がい者さんの雇用も増えるというわけです。

カネミツ食品さんと、カトレアさんは昨年このプロジェクトを立ち上げようとしましたが、実現にいたらず。その内容などは告知ページをご覧頂きたいと思います。

支援していただいた方には、こちらのプロジェクトでできあがる予定の商品をお送りします。
3万円や5万円の高額支援の方には、飛騨高山の新鮮野菜をお届します。募集サイトはこちらから
募集期間は、4月27日~6月27日までです。
応援メッセージだけでも、うれしく思います。
よろしくお願いします。

ページ上部へ戻る