ブログ

売れる営業チームのつくり方

昨日主催した異業種交流会。
ようゆう会庄司充さん

講師に営業チーム強化コンサルタントの庄司充さんをお招きしセミナーを開催しました。

開場と同時に、ぞろぞろとスーツを着た参加者さんが入ってこられました。

ん?なんだか今日は雰囲気が違う。

やはり、チーム営業の話となると、経営者さんやマネージャーさんが多いのか、場の空気は固いものでした。

お話としては、「売れない営業マンは悪くない!組織のマネジメントが悪いのだ!」というお話でした。

これはウケました。「売れない営業組織のあるある」

・売れる人がいつも一緒の個人プレー。
・新人が育たない。育ってもすぐやめる。でも辞めた社員がライバル会社でバンバン売れる営業マンになる。
・ミーティングが暗い。後ろ向き
・チーム目標を達成できない。目標値すら知らない。
・雑談がグチ。喫茶店へ行って1杯のコーヒーでひたすら粘る。
・社長(リーダー)がいつも怒ってる。売れなかったヤツを責任追及しモチベーションを下げさせる上司は昔の武勇伝と精神論を語る。

これ、あるあるだなぁって思い出しました。
私が以前勤めていた会社で、営業チームに強引に入れられた時のことを思い出しながら聞いていました。
まさに上の状態でしたね。

でもちょっと売れるようになったときは、確かに、個人では売れないからチームでカバーすることで個人の成績が上がっていったなぁと、記憶してます。

個人が責められることがないなら、こんな営業チームで営業の仕事をしてみたいなと思わせてくれる内容でした。

またようゆう会参加の皆様ありがとうございました。
またの機会を楽しみにしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

最近の記事

ページ上部へ戻る